TOP

The CommonCensus Map Project is redrawing the map of the United States based on your input, to reveal the boundaries people themselves feel, as opposed to the state and county boundaries drawn by politicians. View the maps to see how the country is divided into ‘spheres of influence’ between different cities at the national, regional, and local levels:

Map showing the “spheres of influence” of national cities, based on your votes. Click to view full-size. National map last updated Jan 17, 2006.

This information will finally settle the question over exactly where cultural boundaries lie, contribute to the national debate over Congressional redistricting and gerrymandering, and educate people everywhere as to the true layout of the American people that they’ve never seen on any map before.

Fill in your address to the right to contribute, or go to the Maps Page to look at the current map.

About the Project

The CommonCensus Map Project is a new, unique initiative to create the first map of the US that shows where people actually believe themselves to live. Up until now, maps have always been drawn with state, county and city borders determined by select politicians. What if you could see the borders that the people living within them would draw? Such a map is possible.

By combining the votes from people all over the country, the CommonCensus Map Project is showing how the country is really organized. People vote about which city they belong to, what they consider to be their local area, and which major city most influences their area, as well as what areas they most identify with personally. After the results are tallied, a series of maps are produced to answer the following questions:

What is the exact shape of every town and city (or urban neighborhood)? How far do its borders extend? How does this differ from the shapes drawn by the state?
What are the natural groupings of towns and cities? Do they coincide with counties, or do they differ greatly? Are they larger or smaller? How do they compare with congressional districts?
On a national level, where do people place themselves? What are the true shapes of American metropolitan areas? Do the groupings coincide with the states, or bear little resemblance? (Initial versions of this map are already available.)
What geographic areas to people most identify with personally? Are they countries, regions, states or cities? What are the shapes and strengths of those influences?
This project seeks to contribute to the debate over the degree of representation offered by our political structures, to be a vital source of information in the controversy over congressional redistricting, and to educate Americans as to the true shape of the makeup of their own country.

About the Method

The survey asks people to identify four things:

What they consider to be their ‘local community’. This could be a town, city, or even neighborhood of a large city.
What they consider to be their ‘local area’, either through a name for the area, or the name of the area’s central community.
On a continental level, the major city that influences their area the most, and the strength of that influence.
On a global level, the three ranked areas that they personally identify with most (only one answer is necessary).
Then, using the data from questions 1 through 3, maps are drawn that divide the country into colored regions according to each community, local area, and major city. The algorithm used to draw the maps is quite simple: for each pixel on the map, the closest x contributions are gathered, and the choice of each contribution counts as a vote. Whichever community / local area / major city wins the vote, determines what color the pixel is drawn in. The number x serves to smooth the borders and avoid splotchy areas of disagreement. A value of 1 would show everybody’s individual vote, while a larger value calculates a consensus among nearby votes. The currently national map uses a value of 50. Note that a weighting algorithm is also used, which means that if several nearby votes disagree with many faraway votes, then the nearby votes take precedence. For some of the maps (specifically the sports maps and neighborhood maps), areas are left uncolored if the overall weight of the winning vote doesn’t reach a predetermined threshold. Maps from question 4 will be produced in the future.

About the Sports Project

The CommonCensus Sports Map Project is an offshoot project that tracks sports fans across the US. It uses a similar method to the main project, but only asks people to state the teams they support in the NFL, in MLB, in the NBA, in the NHL, and in NCAAF I-A. A national map is produced for each organization, and colored using the same algorithm as the main project. It will be interesting to see to what extent the influence of sports teams coincides with the influence of their cities. Please note that CommonCensus is in no way affiliated with, connected to or endorsed by any of the sports leagues or teams. It is a completely independent project.

Story of CommonCensus

The CommonCensus Map Project has its beginnings in an all-you-can-eat meat barbecue in Copacabana, Rio de Janeiro. Its creator, Michael Baldwin, was at lunch, bemoaning the battle over Iraq’s constitution, the territorial problems in India and China, and the mess over Congressional redistricting. In the 21st century, it remained impossible to even identify the exact extent of Upstate New York. However, rather than let the problems of the world ruin a perfectly good meal, Michael decided to tackle the problem himself. With a political science degree to his credit, he decided to use the common sense approach and simply ask everybody where they lived. He’d tally up the results and draw the first map with borders decided by the people within them, and not by a select group of politicians. Six months later he then actually sat down and did it. His mother came up with the name (all those hours of filling in crossword puzzles paid off) and the CommonCensus website was born two weeks later on September 22.

Acknowledgements

Diane Baldwin for coming up with the clever pun
Ivan Milas at UFRJ in Rio for sharing beers over feedback and getting word to sports fans
Stephen Jacquot at the University of Virginia for feedback on algorithms

About the Creator

Michael Baldwin (personal website) grew up in Clinton, NY, home of Hamilton College. He received a Bachelor’s in Political Science from Yale University, after which he moved to New York City to work as a bartender and carry out research in artificial intelligence through a grant from the Department of Defense. In 2003 he moved to Rio de Janeiro, Brazil where he teaches English, develops language-teaching software, goes to the beach, dances forró and practices capoeira.

感染症(STD)は、のタイプである感染が他の人間との性交が感染しているときに人命に感染することができます。

セックスを介して感染症の原因は、細菌、寄生虫、およびウイルスです。

そこを含め、これらの疾患の20以上の種、次のとおりです。

クラミジア•淋病•ヘルペス•AIDS•梅毒•のセックスのためのほとんどの感染症は、男性と女性に影響を与えるが、しかし、これらの疾患に起因する健康上の問題があること多くの場合、女性のためのより危険です。

妊娠中の女性がセックスを透過した疾患の一つに見舞われた場合は、胎児に深刻な健康問題に起因することが可能である。

医師は、セックスを透過した疾患に対処し、どの抗生物質または他の薬剤との細菌や寄生虫によって引き起こされることができます。

病気に関しては性的不可能癒しのウイルス起源を送信しました。

しかし、薬物は、場合によっては、疾患の症状を制御することができるかもしれません。

コンドームゴムの正しい使用を大幅にセックスを透過した疾患の限界が、それは完全にこれらの疾患の捕捉の危険を排除するか、他の人に転送しません。

STD(性感染症)は、性的接触を介して感染します。

頻繁にあなたがそのパートナーと性行為をすると性病に感染するリスクが高くなります。

危険性が低減することができる安全なセックス動作するので、例えば、コンドームを使用し性行為は予防に有効です。

疾患が検出され、早期に治療されている場合、ほとんどのSTDの回復の見込みがあります。

残念ながら、性感染症の症状は非常に遅く、人によっては症状が出ないため性感染症の検査が早期発見には有効です。

長期性感染症は、性的接触を介して感染され、伝統的な5疾患は、梅毒(梅毒、下疳)、淋病(淋菌)、軟性下疳(ソフト下疳)、鼠径リンパ肉芽腫および肉芽腫性病などです。

性感染症の検査

女性の場合は、膣の分泌液と血液、男性の場合は尿と陰茎の付着物を検査することで代表的な性病は検査できます。

代表的な性病を検査することが可能で、検査結果は5日~1週間で出ます。

国の認定の検査所で検査をするため、病院と同じ精度の検査が受けられます。

性病検査キット 男性用

男性用のキットでは、梅毒とエイズは血液を検体と採取し、淋病、トリコモナス、クラミジアは尿を採取し検査します。

カンジダだけは、綿棒で陰茎付着物を採取します。

性病検査キット 女性用

女性用のキットでは、梅毒とエイズは血液を検体と採取し、淋病、トリコモナス、クラミジア、カンジダは膣分泌液を採取し検査します。

推奨サイト:性病検査がどうしても気になる方は、性感染症の検査をすると良いでしょう。

性病検査キット 陽性

陽性とは、検査の試薬に反応し病原体が存在することを示す結果です。

逆に、陰性とは試薬に反応せず病原体が存在しないことを表します。

臨床検査の信頼度を評価するのに、感度と特異度があります。

特定の病気に罹患している集団に対して検査を行ったとき、陽性を示す割合が感度です。

逆に、特定の病気に罹患していない集団に対して検査を行ったとき、陰性を示す割合が特異度です。

性病検査キット 擬陽性

ある疾患で陽性を示す検査が,その疾患にかかっていない人でも陽性を示すこと。梅毒血清反応が梅毒でない人でも陽性となる。

感染症

可能な感染症の原因には、が呼吸する空気、食べ物、握手、触れるものを含む、日常生活の中で接触するとすべてのもの、細菌 、ウイルス 、真菌そして他の生物、 に感染する可能性があります。

通常は、体の防御システムである(免疫系 )が感染源から守っています。

健康な免疫系は、感染因子を正常に破壊し感染が体内に入ることを防いでいます。

造血幹細胞移植を受けた患者などは、免疫系は弱められ免疫不全につながります。

原理的には、感染のリスクの増加は、直前および高用量の治療により移植後に存在します。

患者における同種幹細胞移植により免疫系を抑制するための追加の薬剤を受け、感染の危険性が続きます。

免疫抑制は移植片拒絶されるのを防止することを意図しています。

感染は 、患者の体の免疫システムが正常に動作していないか、弱くなっているときに発生する。

皮膚や粘膜への投与に関連した被害がほかに病原体の侵入を容易にすることができる。

例えば白血球数の減少、骨髄形成不全、高用量療法の結果として、口や消化管の粘膜の損傷(粘膜炎)、留置カテーテルや尿道カテーテルなどの異物なども原因となります。

高用量療法後の最初の数週間及び幹細胞移植白血球細胞(白血球)、赤血球(赤血球)および血小板(血小板)の欠如によって特徴づけられる。

これは、いわゆる還元骨髄機能に起因する骨髄形成不全いわゆる再生段階で、新たな幹細胞と造血の回復の成長に2〜4週間を要します。

皮膚や腸の細菌による感染

カビと酵母(カンジダ種)による感染症による感染、ヘルペス単純ヘルペスウイルス感染の主な原因は腸稀な病原体は、食品又は性感染症を介して感染します。

予防策

強力な抗生物質は 、予防的に投与され、真菌およびウイルスの脅威に対して有効です。

最も効果的な対策は、いわゆる「無菌室」として患者の配置である。

病室内の空気フィルターシステム

殺菌 や消毒 、すべての患者の部屋に置かれているもの

特殊な防護服やマスクを、だけでなく、徹底した定期的な手指消毒後

特定の植物または動物との接触を回避

性感染症の予防

体系的な性の健康になるように水で外性器の器官の、毎日の洗浄だけでなく、リネンの両方が含まれる。

雄の生殖器に特別な注意での徹底的な除去に支払われるべきである恥垢が置かれる、割礼ペニス例に完全に後退包皮で洗浄し、最終的には唯一確実に検出可能である。

また、女性の性器に唇やクリトリスの包皮の間に形成することができる。

ビデ、親密なクレンジングローションと親密なローションは女性の性器の定期的なクリーニングのために必要なものではなく、影響を与える可能性が膣内細菌叢は、女性が敏感乱すので、細菌や真菌によるコロニー形成に有利に働く。

親密なケアのためにもトイレから腸内細菌が導入される前は性器の保護などがあります。

幾つかでは、これは水洗浄され、特に、東洋の国々は、他の領域では、ドライクリーニングはトイレットペーパーで好ましい。

すべてに共通の細菌汚染による尿路感染症を防ぐだけでなく、唯一の手で体を洗うと細菌が落ち着くことができた手ぬぐいを省略するために肛門に向かって尿道からのクリーン常に、女性ホルモンの推奨です。

特に簡単で個人衛生のためにビデ、いわゆるウォシュレットを有益に使用することです

ケアのための尿や便失禁、セルフケアのためだけでなく、看護師の両方に使用され、水分や浸水から皮膚を保護することができる特別なツールがあります。

広義には、衛生用品について聞い選択と情報は、例えば、月経時の長所と短所についての知識世話をするために生理用ナプキン、タンポンや月経カップ、女性の個人衛生の彼らの適切な使用および廃棄を。

同じことは、洗濯物のケアで予防する産後におけるナプキンやパンティライナーの使用に適用されます。

これは彼らの洗浄性と通気性に関して下着の選択が含まれています。

また、親密なケアのために性交後に排尿女性のためにカウントします。

これは対尿道に細菌の上昇に影響を与え、膀胱の感染を防ぎます。

様々な細菌、真菌、寄生虫およびウイルスによる感染のリスクを低減するために、衛生的な作用は、任意の種類の性的活動に必要とされる。

原則的に、性的な衛生の対策は対策がな肛門やオーラルセックスなどの性行為の種類によって異なり、また個人的な好みや要件に応じても、関係なく、性別や性的指向を理解しています。

一般的な対策の中で、たとえばコンドームの使用が含まれ、口頭または膣性交をした場合は特に、交差汚染を回避するため徹底的に洗浄をする。

別の尺度は、最終的には、尿道から連行細菌を洗い、ぬるま湯で性交後に性器を洗浄するために性交後に膀胱を空にすることである。

適切な適用することにより、潤滑剤を、好ましくは無臭水ベースは、なされるべきことを防止することができる。

潤滑剤の適用では、の使用シリコーン系における製品のおもちゃのシリコーン製で、のような石油ベースの製品の使用ワセリンに関連したラテックスは、例えば、これらのように避けコンドームは、このタイプの潤滑油により破損する恐れがありますされています。

性感染症に代表される細菌群は悪玉菌と呼ばれ人体に悪影響を与えますが、人体に好影響を与える細菌があり善玉菌と呼ばれます。

これら善玉菌と呼ばれる腸内細菌は人間の免疫力を高めるため細菌の感染にたいして抵抗力をつけます。

発酵食品に含まれる乳酸菌がこれら善玉菌の摂取に該当しますが、より効率的に摂取をするならば乳酸菌サプリをおすすめします。

感染症の治療

医師は細菌感染に対して、抗生物質の静脈カテーテル投与をします。

一般的には、まず多くの細菌及び真菌に対して有効な抗生物質である。

病原体の特定と抗生物質療法は、それに応じて調整することができる。

糸状菌(カビ)および酵母(カンジダ属)によって引き起こされる感染症は、多くの場合、肺炎や敗血症を引き起こす。

彼らは基本的に生命を脅かすので、患者はすでに予防特定の薬を受け取る。

予防にもかかわらず、肺の真菌感染症が見つかった場合、胸部X線検査では、例えば、他の代替の抗真菌薬が与えられている。

真菌感染症の大部分は正常にすることによって治療することができる。

単純ヘルペスウイルスは、 体内ですでに多くの患者および 免疫系がされ、弱体化し 、多くの場合再活性化されます。

そして嚥下障害に関連し口の中に口唇ヘルペスや傷口を形成する。

ウイルス感染またはウイルスの再活性化によって引き起こされる深刻な粘膜損傷を防ぐために、全ての患者は、アシクロビルと予防的治療を受ける。

この処理を示す単純ヘルペスウイルスの場合にもかかわらず、他のウイルス薬が使用される。

これら、人体に悪影響をなす有害菌がある一方で、人体に良い影響を与える腸内細菌があり善玉菌と呼ばれています。

これらの腸内細菌は癌予防やアンチエイジングなど最近注目を集める食事法です。

一般的な病原体

最も有意に幹細胞移植後の最初の数ヶ月以内、種々の真菌によって引き起こされる感染症があります。

例えば、単純ヘルペスウイルス 、水痘帯状疱疹ウイルス 、エプスタイン-バーウイルス およびサイトメガロウイルスです。

これらのウイルスは、通常、外部からだけでなく、患者の体内でしばらくの間、無害な感染と思われる潜伏期間があります。

特に生命にかかわる肺の炎症(肺炎)を引き起こす可能性があります。

その他の感染症などのトキソプラズマ(寄生原虫との病原体などの生物稀できトキソプラズマ症が あること)や、肺や髄膜炎(髄膜炎)につながる可能性があります。

予防·治療対策により、幹細胞移植の感染に関連した致命的な合併症を大幅に低減することができる。

治癒的治療法はありませんが、時にはある程度制御され、そのことができる薬があります。

申し出を遅くたとえば性器ヘルペスに開業医のセックスタブーの多数に感染する。

ヘルペス感染、単純ヘルペスウイルスに対する結果ヘルペスの主な兆候が露出で痛みを伴う水疱または小胞である領域性器。 ショー小胞の前又は患者が性器や下肢や臀部のうずきや燃焼感を感じている潰瘍です。

染症(STD)は、肛門、口腔または膣性交かどうか、性交時にのみ、または主に送信される感染症です。悪性および良性危険に性病の異なるタイプがあります。

あなたが心配している場合は、それらが感染している可能性があり、ドレッドは持っている性病検査クラミジア、淋病、性器ヘルペスと性器いぼの治療のための家のために、だけでなく、薬を。これらは、あなたの正面玄関に1営業日以内に配信されます。

注文STD検査

ドイツの性感染症の最も一般的なタイプは、クラミジア、ある梅毒、淋病、ヘルペスと性器性器いぼ(これらは最も治療可能である)、およびB型およびC型肝炎とHIV(これらは不可能または治療が非常に困難です)。

また、そこに厄介な症状を引き起こしながら、他の多くの性感染症は、尿路および生殖器であるが、容易に処理されます。早く感染が診断され、より良いチャンスがそれらを治療し、治癒します。

生殖器疣贅治療

残念なことに、生殖器疣贅の原因となるHPVウイルスを治療する治療法はありません。

あなたの医師は、レーザー治療または凍結または化学薬品を適用することによって疣贅を取り除くことができます。

いくつかの処方箋治療は家庭で利用可能です。大規模で扱いにくい生殖器疣贅には外科手術が必要かもしれません。

それでも、再発は依然として問題です。あなたはより多くの治療のために医者に戻る必要があるかもしれません。

HIV / AIDSは特に低・中所得国では、世界中の主要な公衆衛生問題です。

抗レトロウイルス治療の最近の進歩のおかげで、HIVを持つ人々は長く、より健康な生活を送っています。加えて、この治療はHIV感染を防ぐことが確認されました。

2016年の途中で18.2万人がHIVとともに生き3670万人の46%[43%-50%]を表し、低・中所得国で抗レトロウイルス治療を受けましたこれらの国インチ

進捗状況は、子の送信と母親の生存に母親の予防に行われています。2015年には、HIVとともに生きてわずか8個以上で10人の妊娠中の女性、または111万人の女性は、抗レトロウイルス治療を受けました。

WHOは、一連のガイドラインを公表し、それらのためのHIV予防、治療、ケアとサポートを改善し、強化するための政策やプログラムを開発し、実装するために国に支援を提供しています